Photoshopの使い方とWebデザインの基礎を学ぶ

It’s time for another doze of GoGetterz News!
ゴーゲッターなみなさまの一日の知となり活力となる情報を提供しているGoGetterz News。
今回は、Webデザインには欠かすことのできないPhotoshopについてです。業界のスタンダードであり、できないことはないと言っても良いくらい便利な機能を持っています。一般的な写真の編集はもちろん、高度な編集作業もこなせるのはPhotoshopならでは。今回は、Photoshopの使い方と、それを活用したWebデザインの基礎を解説します。

 

1. Photoshopとは

Photoshopの選択画面

PhotoshopとはAdobe社が制作した画像やグラフィックを編集できるソフトです。高性能なカメラで撮影しても「なんか物足りない」と思うことがあるはず。Photoshopなら、自分の思い通りの1枚に仕上げることができます。

 

1-1. どんな人がPhotoshopを使うのか

Photoshopは画像の詳細な編集ができることからWebデザイナーの必須ツールになっています。画像にテキストを挿入したり、インパクトのあるバナーをデザインする時などに活用します。Web上で扱う画像やグラフィックは、Photoshopで編集するのが業界標準になっています。

1-2. Photoshopの基本的機能

Photoshopの基本機能には、カラーや色調の調整や自然な写真の合成、多彩な文字表現などがあります。また写真から不要なものを削除したり、ボヤけてしまっている写真を自動的に補正する機能も備わっています。フィルターを使って写真に様々な効果をプラスすることも可能です。

1-3. Photoshopのここが魅力

Photoshopの魅力は、画像やグラフィックの緻密な編集ができる点にあります。写真から人物のみくり抜く時も、風になびく髪の毛さえ簡単にくり抜くことができます。他のソフトでは非常に面倒な編集作業も、Photoshopの使い方を知っていれば、シンプルな操作でイメージ通りに仕上げることができます。

 

2.  Photoshopを活用したWebデザイン

Photoshop使用中画面

WebサイトやLPの制作など、PhotoshopはWebデザイン業界で切っても切れないツールになっています。ここでは、Webデザインの世界でPhotoshopをどのように活用しているのかを紹介します。

 

2-1. WebデザインにおけるPhotoshopの活用方法

Webデザインでは、Webサイトのトップ画像へテキストを挿入したり、サイトのバナーを作成する時に活用します。PhotoshopはWebデザイン用に作られたソフトではないため、グリッドの表示や単位をPixelに変更するなど、Webデザイン用に再設定することでより使いやすくなります。

2-2. Photoshopを用いたワイヤーフレームの作成方法

Photoshopは使い方次第でWebサイトのワイヤーフレームを作成することもできます。各画像やテキストはPhotoshop上で簡単にサイズを変更可能です。白紙のページ画像やテキストを配置してワイヤーフレームを作成すれば、クライアントに分かりやすくイメージを伝えることが可能です。

2-3. Photoshopを使ってWebデザインをする最大のメリット

PhotoshopのをWebデザインに活用する最大のメリットはPixelで編集ができるとこです。Pixelを扱うWebにとって非常に相性が良く、細かな部分まで綺麗に表示することができます。画像を扱うことの多いWeb業界では、Pixel単位で細かく編集できるのは、かなり重要なポイントになっています。

WebデザイナーとしてPhotoshopの使い方や実践的なスキルを習得したい方は、Go Getterzが提供するオンライン動画による授業がおすすめです。Webデザインに特化した全100レッスンの授業で全くの未経験でも応用力のあるスキルを身につけることができます。

 

3. Photoshopの使い方を学ぶ

Photoshop編集中画面

Photoshopは度重なるアップデートで、より直感的に使用できるようになってきました。新機能なども続々と追加されて多機能さを増していくPhotoshop。ここではPhotoshopの使い方について解説します。

3-1. Photoshopの基本的な使い方

Photoshopを起動させたら、編集したい画像を開いてみましょう。テキストの挿入や切り抜きなどは画面左側のツールボックスから行えます。色調の調整やレイヤーなどは画面右側に表示されています。まずは、各機能に触れてどんなことができるのか試してみると良いでしょう。

3-2. Photoshopの使い方はどこで学べるか

Photoshopの使い方をより深く学びたい場合は、Adobe社が公式に公開している学習サイトを利用すると良いでしょう。基本操作から応用編まで、画像、動画、テキストで使い方を効率的に学ぶことができます。またネット上にも使い方に関する様々なTipsが公開されています。またインターネット上では非常に魅力的で効果のある動画学習を受けることができます。

動画でeラーニングのGoGetterz には、こんなコースがラインナップ!あなたのスキルに合わせた動画コースを選んでトライしてみてください。

 

★世界を舞台に活躍するプロに学ぶ Photoshop
~ ここまで見せる!?タカハシヒロユキミツメ氏の独創的なデザインスキルを学べる動画コース~
MITSUME THE A.I. MASTER

And many more!

世界を変えるボンバスティックなPhotoshop講座

サンペー先生の『Photoshop切り抜き講座 簡単!誰でもできる美しい画像合成テクニック』

サンペー先生の『なぞって学ぶプロのデザイン講座 簡単!10分で美しいバナーを作ろう!』

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース

WebデザインのためのPhotoshop実践講座

誰でもわかる Adobe Photoshop CC

Adobe Photoshop CS6使い方講座

Adobe Photoshop CC(上中下3巻セット)

 

Photoshopは、Webデザイナー必須の編集ツールです。これからWebデザイン業界で活躍しようと思うならPhotoshopの使い方を知ることは非常に重要なものとなるでしょう。シンプルな操作で圧倒的な効果を発揮するPhotoshop。基礎から応用まで、使い方をしっかり学んで美しいWebデザインを作ってみてください。

WEBデザインも映像制作も!学びから未来をデザインする GoGetterz
メンバー登録は無料!「学ぶ」はこちらから
オンラインで「教える」はこちらから