初心者でもずっと儲けつづけられる株式投資のコツとは?

It’s time for another doze of GoGetterz News!
ゴーゲッターなみなさまの一日の知となり活力となる情報を提供しているGoGetterz News。
今日は、株式投資に興味のあるみなさまに、持続可能な投資で資産を増やすノウハウについてお伝えします。

 

 

「株式投資に興味があるのだけど、どうしたらいいかわからない」
「お金は用意してあるけれど、どのタイミングで株を買えばいいのかわからない」
インターネットでの株取引もできるようになり身近になってはいるものの、初心者には、なかなか手を出しにくいのが株式投資。株で大金持ちにもなれれば、財産を無くしてしまうかもしれない。それでも利子の低い銀行にお金を預けているよりはチャンスがあるのではーと、揺れ動く株式投資未経験者の心...

GoGetterz では、そんな株未経験者の心にも効く、株式投資のコツをわかりやすく説明する動画コースの配信を開始しました。このコースのエキスパート(講師)がすごい方なのです。経済評論家、資産運用アドバイザー、ファイナンシャル・プランナーとして大活躍中の木村佳子さんが、株投資初心者の心にも経験者の心にも効く最新の株式投資について、懇切丁寧に説明してくだいます。

 

木村佳子―資産運用アドバイザー・経済評論家

累積講演3000回以上、日本の女性株式評論家の代表的存在である木村佳子さんが、GoGetterz エキスパートデビュー!
木村さんは、ラジオ日経で個人投資家向けの経済情報番組のキャスターを務め、日本で初めての女性株式評論家、生活経済、個人の資産運用に強いエコノミストとして雑誌、テレビ、ラジオなどマスメディア、講演会を通じて個人投資家向けに最適な資産運用プランや生活経済情報を発信。生活者の資産運用法として無理なく自分年金作りとしての株式投資ができる「カレンダー投資法」や「るいとう積み立て」でコツコツ資産を作るオートマリッチ投資法を考案もされています。『株・はじめての買い方。売り方』『入門・株価チャートの基本がしっかりわかる本』など著書も多数。初心者にも株式投資の経験者にも、目からウロコの最新の株式投資のノウハウを伝授してくださいます。

「こんな立派なお方になら、株式投資について学んでみたい」
みなさま、きっとそう思われていることでしょう。資産を増やすためには株とどう向き合っていったらいいのか、ブームで株式投資を始めて、暴落で資産をなくすような投資家にならないためにはどうしたらいいか、資産運用のプロに基礎からみっちり学んでずっと儲け続けられる投資家になることを目指しましょう!

 

『決定版 個人投資家のための株式投資のコツ 〜応用編〜』 29800円

木村佳子さんが、最新の株式投資ノウハウをディープに掘り下げてレクチャーしてくださる個人投資家のバイブルともいえる力作です。全8レッスン 8本の動画(約3時間32分47秒)のボリュームを何度も繰り返し学習できます。このコースでは、パーソナルファイナンスの観点からさまざまな投資法を紹介します。元祖・日本初の女性株式評論家でもある木村佳子さんの提唱する個人投資家に最適な「カレンダー投資法」の詳細を初心者対象にきめ細かに盛り込みました。わかりにくい用語の説明も、実際のチャートを例に出してわかりやすく解説します。

投資の現状や予測など、歴史から見えてくる木村佳子さん独自の視点を盛り込んだコース展開。
資産運用に役立つ経済も学べ、木村さんがロングスパンで見た金融商品を研究・提案をご紹介します。2013年度には東京証券取引所・東証アカデミーにおいてフェローに就任した木村佳子さんならではの「リスクを軽減する投資方法」をレクチャーします。「個人投資家向け金融リテラシーの向上」に意欲的な木村佳子さんの独自の視点は、投資の教養を高め、深めることができます。

まずは、株式投資の基礎を学んでみたいという方は、
『決定版 個人投資家のための株式投資のコツ 〜基礎編〜』1080円をご視聴ください。応用編から、株式投資の基礎と原理原則を抜粋してレクチャーいただきました。

 

◆木村佳子さんコメント◆

上昇トレンドが発生している時に株式投資を始めると、いとも簡単に誰でもが「株リッチ」になります。株ブームでは買えば儲かるので思い切って投資した人が勝ちです。
こうした時には実にたくさんの株長者、株タレントが登場し、「儲かった話」を披露します。だから、「あ、自分もやれば儲かるかも!」とその気になりがちです。
が、初心者でも儲かるのが株ブームであり、ある日突然、その状況は暗転します。
すると、「やらないほうがマシだった」という結果になりがちです。
しかし、それでは残念すぎます。

大切なのは株というツールを使って持続可能な投資で資産を増やすノウハウ構築です。
本編ではそのノウハウをわかりやすくお話しています。「基礎編」は「応用編」がより理解できる内容となっていますので、これから株式投資を始めよう!と思っている方にもお勧めです!

動画でたくさんの必須知識を身につけて、ずっと儲け続けられる投資家を目指してくださいね!

 

オマケ!
これから株式投資をやってみたいという方に!
初心者のための株式投資ボキャブラリー

しっかりとした知識なくては大きな損を被るかもしれない株式投資。
初心者のみなさんは、しっかりまずは基礎知識を固めましょう。

 

★株式投資

株式とは、株式会社が資金を出資してもらった人に対して発行する証書のことをいいます。企業の運営資金は、銀行からの融資だけではなく、一般の企業や投資家から資金を調達します。株式の発行は、その企業が事業を行うために必要な資金を集める手段のひとつです。株式投資とは、株式を買うことをいいます。株を買うことにより、その企業の出資者の一員、オーナーのひとり(株主)になることを意味します。株主は、保有株式の割合に応じた経営参加ができ、企業が利益を上げたあときに、保有株式数に応じて配当がもらえます。また、株式の価値が上がったときには、株式を売却して利益を得ることができます。

★上場企業

「上場」とは、株式市場に上がって、証券取引所で株式の売買を自由にできることをいいます。上場企業とは、その株式を発行し、証券市場に登録している企業のことをいいます。株式を上場すれば、企業は資金調達が簡単にできるようになりますが、一方で、企業が創業者の手を離れて、公のものになることを意味します。資金や社会的評価を得られる一方で、株主の資金を使っての経営なので、株主に経営方針を監視され、またいつでも株式の売買がが行えるので、買収のリスクとも隣り合わせでもあります。

★証券取引所

日本証券業協会によると、証券取引所とは「投資家や証券会社自身の株式等の売買注文を、自ら開設する市場に集中させることにより、大量の需給を統合させ、株式等の市場流通性を高めるとともに公正な価格形成を図るという役割」を担っているといいます。日本国内には、4つの証券取引所があります。
1.東京証券取引所
2.名古屋証券取引所
3.札幌証券取引所
4.福岡証券取引所

この中で、東京が、一番大きな取引所で、3000社以上が取引をしています。
新聞やニュースでよく耳にする「東証一部」「東証二部」と新興市場と呼ばれている「ジャスダック」「マザーズ」が、東京証券取引所に属しています。証券取引所での売買(立ち会い)は、土曜日、日曜日、祝日(振替休日等を含む)、12月31日および年始3日間を除いて、毎日行われています。東京証券取引所の場合は、「前場(ぜんば)」が、午前9時から11時30分、「後場(ごば)」が、午後12時30分から3時の間となっています。

★株主優待

株主優待とは、企業が一定以上の株式を保有する株主に対して、商品やサービスを提供する制度のことをいいます。株主優待を行っている企業は現在1300社以上あり、個人株主を増やすために優待制度を新設する企業も増えています。

★委託手数料

株式を取引するには証券会社に口座を開き、売買を委託します。証券会社が、取引所に注文を取り次ぎ、売買が成立した場合に、顧客が証券会社に払う手数料のことを委託手数料といいます。
委託手数料の金額は昔は固定でしたが、1999年の自由化以降は各社が自由に設定できるようになり、またインターネット取引が普及したことで、一気に低価格化が進んでいます。

★銘柄

「銘柄」とは、株式銘柄のことで、。証券取引所に上場している企業の株式のことを指しています。

★キャピタルゲイン

保有している株式を売却することによって得られる売買差益のことをいいます。

★NISA

NISAとは、「NISA口座(非課税口座)」内で、毎年一定金額の範囲内で購入した金融商品から得られる利益が非課税になる、公的制度です。

★損切(そんぎり)

投資損失の拡大を防ぐために持ち株を早めに手放すことで、ロスカット、ストップロスとも呼ばれます。持ち株の価格が下落して、その後の回復が見込めないと判断したら、損をしてでも手放す方が有効と考えられる場合があります。

 

安く買って高く売る」を実現できれば資産運用機会としてとても魅力的な株式投資。
株式投資のエキスパート木村佳子さんに学び、ぜひ「ブームで株式投資を始めて、暴落で資産をなくす典型的な投資家」にならないためのスキルを身に着けてください!

Good Luck!

株式投資も自己啓発も!学びから未来をデザインする GoGetterz
メンバー登録は無料!「学ぶ」はこちらから
オンラインで「教える」はこちらから