需要高まる不動産の資格・マンション管理士についてご紹介

It’s time for another doze of GoGetterz News!
ゴーゲッターなみなさまの一日の知となり活力となる情報を提供しているGoGetterz News。
今回は不動産の資格の中でも今需要が高まってる「マンション管理士」についてご紹介します。

不動産の資格に興味がある方は、マンション管理士という資格を聞いたことがあるでしょう。
また、初めてマンション管理士を聞いて、何をイメージするでしょうか。

文字通りマンションの管理に関する資格や、マンションの管理人などを想像することでしょう。

マンション管理士とは、マンションの管理人や管理組合の方で処理しきれない課題や、トラブルにも対応するマンション専門のコンサルティングを担う方が持つべき資格です。

一見すると、あまり需要がないのではと感じるかもしれませんが、実際は逆で需要が高まっている資格・仕事の1つになっています。
なぜなら、マンション管理人や管理組合不足が深刻化していて、今後もマンションの管理不足が進むと予測されているからです。

不動産関係の資格や仕事に興味がある場合は、需要が高まっているマンション管理士の資格取得を目指してみるのもおすすめです。

不動産関係の資格・マンション管理士とは

斜めから見たマンションと青空

不動産関係の資格といえば、宅地建物取引士や不動産鑑定士が代表的で、業務上必要でもあるため一定の需要があります。
不動産業者はもちろんですが、一般の方も宅地建物取引士などは不動産購入時に聞いたことがあるでしょう。

しかし、マンション管理士についてはあまり詳しくないという方もいるかもしれません。
ですが、不動談関係の仕事を進める上で非常に役立つ資格ですので、取得を検討する価値は十分にあります。

マンション管理士とは、2001年に施行された法律「マンション管理適正化法」に沿って作られた、比較的新しい国家資格です。

不動産の売買に関する資格ではなく、マンションの管理組合の運営や助言、指導などを行う、マンション管理専門のコンサルタントとしての役割を担っています。

他の不動産資格との違い

不動産鑑定士との違いは、コンサルティング内容についてです。不動産鑑定士とは、建物や土地の適正な利用を促すため、適切な評価を行うことや活用方法を提案する仕事になります。

また、個人や企業に対して適切な開発計画の策定を行うだけでなく、国や都道府県が行う地価公示や地価調査にも必要な資格です。そのため、不動産関連の資格の中で、最高峰とも呼ばれています。

また、管理業務主任者もマンション管理士とは違いがあります。マンションの管理・運営に関する専門家である点は同様ですが、立場に注目です。

管理業務主任者は、管理会社としての立場からマンション管理や契約についてアドバイスや、指導・報告を行います。

対してマンション管理士は、管理組合の運営の助言や指導、建物の保全などのコンサルティングを行うため、管理業務主任者と違いが明確です。

マンション管理士以外の主な不動産系資格を一覧で以下にご紹介します。

・不動産鑑定士
宅地建物取引士
・土地家屋調査士
・管理業務主任者

不動産資格の1つであるマンション管理士は難易度が高い(合格への道)

紙とボールペン

マンション管理士は国家資格ですので、公的な資格として信頼性が高まるだけでなく、管理組合が抱える課題解決に活かすこともできます。

まず、マンション管理になるためには、国土交通省が実施しているマンション管理士試験に合格することが必要です。

そして、合格後にマンション管理士登録申請を完了させると、正式にマンション管理士として名乗りながら、コンサルティング業務を始められます。

試験内容

マンション管理士になるためには、まずマンション管理士試験を受験・合格しなければいけません。

マンション管理士試験は毎年1回、11月に試験を実施していて、13時から15時までの2時間と定められています。
また、受験資格は、年齢や学歴・職歴関係なく誰でも受けることが可能です。

実施機関は、公益財団法人マンション管理センターで、受験案内は毎年8月頃から10月頃に行われています。
受験料は9400円です。

試験内容は不動産に関する4分野で、以下一覧から問題数50問が出題されます。

・民法等、管理組合等
・建築基準法等、建築設備
・マンション管理適正法
・区分所有法等

難易度は不動産を含む各資格試験や検定の中でも、合格率8%前後と極めて難しい資格です。

特に難易度が高い問題

マンション管理士を受験した方達の多くは、難しいといった感想を多く目にします。

「過去問を解くだけでは太刀打ちできない」
「意地悪な問題が増えた」
「難易度が上がっている気がする」

他にもSNSなどで、マンション管理士の資格試験を受験した方達の声の中に、1問辺りの内容が複雑で長いため、時間が掛かるといった声があった点が特徴的です。

また、独学では難しい資格ともいわれているため、通信教育を受講したりマンション管理に関する職業訓練校に通ったりといった方法で、教わりながら覚えている方もいます。

4分野全ての難易度が高いため、特定の部分だけ対策を行うだけではいけません。
民法から裁判事例、建築基準法や管理に関する基本など、幅広く深い知識が求められます。

効率的な学習方法

他の資格よりも出題範囲が広く、内容も複雑のためテキストに全て目を通すことはもちろんのこと、約1年間の勉強時間が必要です。
そのため働きながら合格を目指して、勉強を長期間続けることは容易ではありません。

短期間で効率よく学ぶためには、マンション管理士に関するスクールや職業訓練校に通うといった方法を活用が必要です。

もちろん、独学で学習する方法もありますが、法律からコンサルティング関連の知識を理解しながら覚えることは難しく、効率的とはいえません。

今不動産の資格・マンション管理士の資格を取る理由

ペンとファイルを持つスーツを着た女性

不動産の資格は、マンション管理士以外にも多数あるため、どの資格を取得することが自分が目指すキャリアにとって一番良いか迷う方がいます。また、具体的な目標があって、宅建士や管理業務主任者の資格取得を、目指す場合もあるでしょう。

今回は、今マンション管理士の資格を取ることをおすすめする理由をご紹介していきます。

マンションの老朽化

マンション管理士の業務内容の1つは、建物の保全や管理です。
多くのマンションは、築30年以上経過した建築物であるため、老朽化に対して適切な対応をしなければいけません。

不動産について専門知識がない管理組合にとって、老朽化に対する改善策などを実策定し、行することは非常にハードルが高いものになるでしょう。

そこでマンションの老朽化問題を解決するために、マンション管理士が専門知識を用いて管理組合へ建物の修繕に関する詳細な計画を提案・助言を行うことで、様々な問題を解決に導くことができます。

このような老朽化問題を抱えている管理組合は一定数存在しているため、それらの問題を解決できる知識を持ったマンション管理士の需要は年々高まっているのです。

居住者の高齢化

マンション居住者の高齢化も、マンション管理士の資格取得者が求められている理由と関係しています。

居住者の高齢化は、管理組合の運営・管理活動の停滞につながるだけでなく、管理費や維持費の徴収も難しい状況です。

そこでマンション管理士が主体となり、管理組合を立て直し、管理規約や居住者間のトラブルを解決するよう、助言や指導を行い解決へ導きます。

やりがい

転職や定年退職後の仕事として、やりがいを求めてマンション管理士を選ぶケースもあります。マンション管理士の仕事は人と会うため、コミュニケーションが好きな方には適しているでしょう。

また、問題解決について興味・関心がある方や、不動産全般が好きな方もやりがいを感じられる仕事です。

特に管理組合や住民との信頼関係を築ける点は、マンション管理士の醍醐味になります。

タブレットを持つ女性

マンション管理士は、住民の高齢化やマンションの老朽化が進むごとに需要が高まることでしょう。

管理組合の中には、管理会社と上手く連携できていない場合や、住民トラブルを解決していないことも珍しくなく、マンション管理士の力が必要とされています。

マンション管理士の資格取得には時間が掛かり、合格率8%と難易度の高い資格です。
しかし、知識と資格を身に付ければ、民法や区分所有法・コンサルティングなど幅広い業務を担うことができます。

不動産関係の資格は多数ありますが、住民や管理組合とのコミュニーションや問題解決に興味がある方は、管理士の資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか。

 

動画でeラーニングのGoGetterz で資格・検定を目指す。

動画でeラーニングのGoGetterz では、動画受講での資格取得、動画による資格検定受験準備ができるコースがたくさん、あなたのチャレンジを待っています。
GoGetterz のコースは、メンバー登録(無料)をしていただくとご購入いただけます。無料メンバー登録は、こちらから
メンバーになると、400以上の無料コースも受講いただけます。

Live Your Passoin!
学びから未来をデザインする
GoGetterz