リズムを強化するとギターが上手く聴こえる

It’s time for another doze of GoGetterz News!
ゴーゲッターなみなさまの一日の知となり活力となる情報を提供しているGoGetterz News。
今回のテーマは、ギター演奏です。ギターを始めて間もない頃はソロに目が行きがちなもの。クールにソロを弾く姿は誰でも憧れるものです。しかし、ギター演奏にとって1番の肝となっているのは「リズム感」なのです。伴奏でもソロでもリズムに合わせてキレのある演奏ができなければ、多くの人に響かせることはできません。今回は、ギタリストにとって重要なリズム感について解説します。

 

1. ギタリストにリズム感が大切な理由

ギターのリズムを楽しむ女性

ギタリストに限らず、楽器を演奏する人にとってリズム感は非常に大切な要素になっています。せっかく良いギターを購入したとしてもリズム感のない演奏は聞く人にストレスを与えてしまうでしょう。ここでは、このセンスがギタリストにとって如何に大事なのか説明します。

1-1. リズム感がないと下手に聴こえる

テンポの良くない演奏は単純に下手に聞こえます。「下手なギター = リズム感のないギター」と言ってもいいでしょう。世界的に有名なギタリストはソロだけでなくリズム感のあるリフも得意としています。バンド演奏で1人走る、モタってしまうと、バンド全体のクオリティを下げることにも繋がります。

1-2. バンド伴奏にはリズムギターが欠かせない

迫力のあるライブ演奏を行うには、リズムギターが欠かせません。止めるべきところで止めて、合わせるべきポイントで合わせることができなければ、締りのない演奏に聞こえてしまいます。ギターリフやカッティングなどをバッチリキメることができれば、よりダイナミックな演奏に聞かせることができるのです。

1-3. ソロギターでもリズムが命

ギタリストにとってリズム感が大事なのは、伴奏だけではありません。クールなソロをバシッと決めたいなら、ソロでも重視するべきなのです。どんなに速弾きができても1つ1つの音がハマっていなければ我武者羅な演奏に聞こえてしまうでしょう。どんなに感情移入して曲に入り込んでいたとしてもリズムだけは意識しておく必要があるのです。

 

 

2.  リズムギターを習得するメリット

ギタリストにとってリズム感が非常に大切ということをお伝えしました。初心者が軽視しがちなリズムキープは、ギタリストとしてワンステップ上がるために必要不可欠な要素になります。ギタリストがこのようなスキルを鍛えることによるメリットを紹介します。

2-1. ギターが圧倒的に上手く聴こえる

並ぶギター

リズム感のあるギターは、それだけで上手い演奏に聞こえます。どんなにシンプルで素人でもできるようなギターリフでも、このセンスある人が演奏すれば全く違って聞こえるでしょう。シンプルなソロでもリズムにハマった演奏なら「聞いていて気持ち良い」と思わせることができるのです。

2-2. ギター演奏にグルーヴ感が出る

ギターが上達してくると、徐々にグルーブ感が出てきます。ドラムのビートにバッチリ合わせるのではなく、微妙にずらすことでグルーブ感を演出することができるのです。これはリズム感のある人にしかできないことと言えるでしょう。正確な音を刻めるからこそ、あえてずらすことができるようになります。

2-3. ギターの音が聞こえやすくなる

リズム感のないギターはバンドの演奏に埋もれてしまいます。聞いている人からすると「あの人は何を弾いているんだろう?」となってしまうのです。ドラムとベースのリズムにカチッとハマった演奏ができれば1つの音となってギターの音も聞きやすくなってきます。一体感のある演奏ができれば、ギターの音をそこまで上げなくてもしっかり聞かせられるのです。

「ギターを基礎から学びたい」そんな方にはオンライン動画で学習できるGo Getterzがおすすめです。名門バークリー音楽院ギター科助教授を務める「トモ藤田」による充実の動画コースなど、初心者でもハイレベルなリズム・ギターの習得を目指すことができます。

 

 

3. リズムギターを学ぶ

ギターを弾く男性

「この人上手いな!」そんなギタリストになるためにはリズム感を鍛えるのが最も近道と言えるでしょう。このセンスを鍛えてよりハイレベルなギタリストになるには、日々の練習が必要不可欠です。ここからは、そのようなハイレベルなギターを習得するための練習法を紹介します。

3-1. リズムギターの基本練習

リズム感を鍛えるための基本練習は「リズムキープ」に集約されます。まずはメトロノームを使って徹底してリズムをキープできるようになりましょう。テンポに合わせてカッティングを繰り返し行っていき、できれば自分の演奏を毎回録音して聞き直すと良いでしょう。

3-2. リズムギターはどこで学べるか

ある程度リズムキープができるようになったら、まずはYouTubeやお気に入りの曲に合わせてギターを弾いてみましょう。ところどころでリズムがズレていると感じることがあると思います。ズレに気づいたらすぐに修正していきます。基本的なことができるようになった後は、更に技術を向上させるため動画でのEラーニングを受けることをおすすめします。動画でのEラーニングを受けることで、より実際の演奏で使える技術と応用力を向上させることができます。

 

 

すぐ弾けるフォーク・ギター(コード・ストローク編)

~難しい理論よりもまずは実践!~

フォーク・ギターのアコースティックな音色は誰にでも愛されるもの。コードを覚えてジャンジャラ弾けば、もうそれなりにカッコがつきます。でも、ときにはジャズっぽいテンション・コードを弾いたり、ストロークに工夫をしたりして、一味違うプレイをしてみたくなるのでは? このビデオでは、初級者のかたを対象に、基本的なコードとテンションの知識から、ストロークの工夫のしかた、様々なリズム・パターンなど、フォーク・ギターをさらに楽しめる方法を解説。

 

ギタリストのための表現能力開発エチュード

~「演奏能力」の次は「表現能力」を鍛えよう!新コンセプトの教則動画!~

大好評の「演奏能力開発エクササイズ」の姉妹編が登場!名門バークリー音楽院ギター科助教授トモ藤田による、全く新しいコンセプトのギター教則作品です。テクニックを身に付けるためのエクササイズを収録した「演奏能力シリーズ」に対し、今回は細かなニュアンスや様々な演奏バリエーションなど、ギターによるバラエティ豊かな表現能力を身に付けるためのエチュード(練習曲)を収録しました。バークリー音楽院の授業や大人気の自身の通信レッスンにおいて実践している内容を厳選し、様々な演奏表現のために作った効果的なエチュードは4種類。タイプやコード進行の異なる4種類のエチュードそれぞれにおいて、一つ一つのアイディア/コンセプトに焦点を当てた6つのバリエーションを紹介し、解説します。また、各エチュードの最後にはトモ藤田によるデモ演奏も収録しました。付属の譜例集には、各エチュードの譜面と、目標/注意点/アドヴァイスなども記載されていますので、有効に活用ください。

 

ギタリストのための演奏能力開発エクササイズ

~“ギターの基礎練習”がテーマの大ベストセラー動画~

テーマは“ギターの基礎練習”。藤田智久がバークリー音楽院の授業で実際に生徒たちに教えていることの中から、特に基礎的な力をつけるためのエクササイズ、実際に効果の上がっている練習法を厳選して収録しました。初心者からプロまでのあらゆるレベル、あらゆるジャンルのギタリストの演奏力向上に役立つ内容です。デモ演奏も5パターン収録。本場アメリカでのバンド活動で鍛えられた彼の見事なギター・ワークをお楽しみください。付属の解説書(80ページ)には、各エクササイズの目的や練習方法、注意点が詳しく書かれています。

 

 

 

アコースティック・ギタリストのための演奏能力開発エクササイズ

 

~フィンガースタイルからピックスタイルまで あらゆるスタイルを網羅した「アコギ演奏能力」決定版!~

アコギスト待望の「演奏能力開発エクササイズ」が遂に登場! 本作はシリーズ総指揮を務めるトモ藤田の監修のもと、名門バークリー音楽大学の人気教授ジム・ケリーをインストラクターに迎えた、あらゆるスタイルのアコギ・プレイに役立つ究極のエクササイズ集です。前半はフィンガースタイル、後半はピックスタイルに分け、さらにフォークやカントリー、ブルースはもちろん、クラシック、エスニックなどの音楽スタイル別に、多角的・広範囲なアコギ・テクニックをエクササイズ化。バークリーの授業でも実際に使われ、効果の上がっている練習法を中心に、58個のエクササイズを収録しました。左右手元を映した映像と、全エクササイズの譜面と練習のポイントを掲載した解説書であなたのレベル・アップをサポートします!

動画でeラーニングのGoGetterzには、このほかにもたくさんの動画で学べるギターレッスンが用意されています。ご自分のレベルに合ったレッスンをみつけてみてください!

リズム感はギタリストにとって上手い下手を分ける生命線になります。どんなにテクニカルなピッキングができてもリズム感がなければ、その演奏は共感されないものになってしまいます。このセンスを掴む1番の近道は毎日の練習です。常にギターに触れているクセをつけて上達度を加速させていきましょう。

楽器演奏も英語学習も!学びから未来をデザインする GoGetterz
メンバー登録は無料!「学ぶ」はこちらから
オンラインで「教える」はこちらから