デザイナーの卵に教えたい!上級者向けのイラストレーターの使い方

It’s time for another doze of GoGetterz News!
ゴーゲッターなみなさまの一日の知となり活力となる情報を提供しているGoGetterz News。今回は、デザイナーの卵に教えたくなる上級者向けのイラストレーターの使い方やデザインスキルについてご紹介します。

 

真似したい!イラストレーターの上級者テクニック

パソコン

デザイナー上級者は、どのようなイラストレーターのテクニックを取り入れているのでしょうか?まずは、真似したくなるイラストレーターのテクニックや使い方を厳選して3つご紹介します。

 

パスファインダーでパスを一体化

作業効率をぐんと上げる方法の一つで、上級者が使うテクニックとして挙げられるのが「パスファインダーでパスを一体化」すること。複数のパスを1つにまとめて作業をしたい場合や複数のパスをまとめて1つのデザインを作りたい場合に重宝します。また、とても簡単な方法なので取り入れやすいところも嬉しいポイント。

まずは、結合したいパスを選択して「パスファインダー」を選択します。次に、左上に表示される「合体」を押せば、重なり合った状態で一体化させることができます。さまざまなデザインに活用することで、ぐんと作業がしやすくなるテクニックです。

 

よく使うパターンは「パターンブラシ」を作成

イラストレーターには、初めからいくつかのパターンが入っています。それにプラスして、よく使うパターンは「パターンブラシ」を作成しておくと、いちいちパターンを読み取ったり作成したりする手間が省けます。

パターンブラシを作成するには、予め連続して描きたい線や模様を作っておきます。それを一つずつオブジェクト選択をして、スウォッチパネル内にドラッグしていきます。すべての図形をスウォッチパネル内に入れることができたら、とうとうパターンブラシの作成に入ります。

まずは、ブラシパネルの新規ブラシをクリックして新しいブラシを登録できるようにします。次に、新規パターンスウォッチ1をクリックし先ほど取り込んだパターンを選択するだけ。こんな簡単な方法で、好みのパターンをいつでも使えるようになります。

 

上級デザイナーはレイヤーでテンプレートを作っておく

同じ大きさの図形や書類を作成しなければならないときに、使い方として覚えておきたい一つがテンプレートです。サイズを指定したガイドを作っておき、テンプレートとして保存しておくことで、次回からも簡単に同じサイズで作成することが可能。

一度作ったガイドは動かないようにロックしておくことで、その上にデザイン作成ができます。テンプレートを送ることで、外部の人ともサイズ共有やデザイン作成ルールの共有がしやすくなります。こちらも作業効率化のために、ぜひ取り入れてみてください。

 

高評価を勝ち取るイラストレーターを使ったデザインとは

色鉛筆

デザイン上級者となるには、自分で作成したイラストレーターのデザインが高評価を得なければなりません。高評価を得るデザインには、どのような共通点があるのでしょうか?ここでは、高評価を得るデザインを作成するヒントをまとめてみました。

 

1つのデザインに多くの工夫がある

イラストレーター上級者がデザインした作品には、多くの工夫が隠れている場合が多いです。例えば、文字の大きさやラインがしっかりと揃っていたり、色の濃淡が絶妙に変化していたりと長く眺めていればいるほど新たな発見があります。

これは、どれだけシンプルなデザインであっても細部までこだわっている証。このこだわりが他のデザイナーにはできない、という差をつけるポイントとなります。「魂は細部に宿る」と言いますが、デザイナーは細かな変化にも妥協せずに、より良いデザインになるよう工夫を凝らすことが大切です。

 

そのデザインにした理由がハッキリとしている

イラストレーター上級者がデザインをした作品には、「なぜこのデザインにしたのか?」という明確な理由があります。「バランスがいいから」「色合いがオシャレだから」ではなく、クライアントやさらにはその先にいる消費者にまで届くメッセージ性が隠れています。

また、そのメッセージはしっかりと語源化することができ、クライアントに説明できなければなりません。日本を代表するブランドのロゴやテキスタイルにも、そのデザインが持つ意味がしっかりと含まれています。

そのため、より良いデザインを作りたいと思う場合には、まずはそのデザインに込めたい想いや意味を考えてみるといいでしょう。

 

自分のデザイナーとしての個性を知っている

日本を代表するイラストレーター上級者の作品は、一目見ただけでも「その人らしさ」を感じることができます。つまり、自分の強みや個性を知っており、それを上手にデザインに反映することができるのです。

デザイナーとして、自分のデザインが確立されてくると、自分のデザインテイストを好む人の目にも止まりやすくなります。そして「この人にデザインをお願いしたい!」と思われるようになっていきます。そうなるためにも、自分のデザインの個性や強みをしっかりと把握することが大切です。まだデザイナーとしての自分の個性が分からない場合は、過去の作品を改めて見直し、自分らしさを探してみてください。

そして、見つけた自分らしさを敢えてデザインに組み込む練習をしていくことで、デザイナーとしての個性が光るデザインを生み出せるようになります。

 

イラストレーターをぐんぐん上達させ上級者になる方法

本

最後に、短期間でイラストレーターを上達させるには、どのようなことに取り組めばいいのかまとめました。イラストレーターを使いこなすには、やはり練習あるのみです。空いた時間を利用して、知識とデザインの幅を広げていきましょう。

 

上級者向けチュートリアルをマスターする

デザイナーとしてイラストレーターの技術をぐんぐん上達させるには、上級者向けのチュートリアルを真似してマスターしていく方法がおすすめです。細かな技でも一つずつ習得していくことで、今まで描けなかったデザインやテイストにも挑戦できるようになります。

また、チュートリアルを取得していく中で、今までの技術よりも使いやすい技に出会えることも。どのようなことから始めればいいのか迷う場合には、チュートリアル集やチュートリアルトレーニングなどを参考にしてみるのもおすすめ。

また、習得した技を忘れないように、定期的に自分自身で覚えているチュートリアルをチェックしてみるといいでしょう。

 

有名なデザイナーの優れた作品を模倣する

毎日イラストレーターを使用していると、どうしても好みのデザインや作りやすいデザインばかりを作成しがちです。そこで、自分のデザインの幅を広げるには、有名なデザイナーの優れた作品を模倣してみるのもおすすめです。

一見簡単そうに見えるデザインでも模倣してみることで、細部に意外なテクニックが隠れている場合も。また、どこまで模倣できるのか知ることは自分のレベルをはかる基準にもなります。上手く模倣できなかった部分は、今後の課題。

このように繰り返していくことで、自分の弱点や課題も明確となり、どのような練習をしていけばいいのか掴めるようになります。

 

上級者を目指して自分のテイストの異なるデザインにチャレンジする

最後におすすめしたいトレーニング方法は、敢えて自分のテイストと異なるデザインにチャレンジすることです。デザインの表現方法は幅広く誰にでも得意なジャンルと不得意なジャンルがあります。しかし、敢えて今まで触れてこなかった異なるデザインテイストにチャレンジすることで、新たな技法や表現に出会うことが可能。最初は苦戦するかもしれませんが、違うジャンルにこそ、知りたい技術が隠れていることが多いので、根気よく続けてみると効率よくデザイナーとして成長できます。

パソコン

今回は、デザイナーの卵に教えたい!上級者向けのイラストレーターの使い方やテクニック、上達方法、そしてデザインのポイントをまとめてご紹介しました。イラストレーターを上達させるには、今までにない技術に触れていくことが大切です。

ぜひ、優れたデザイナーの作品に触れながら、自分に欠けている部分や習得したい技術を取り入れていくようにしましょう。

 

イラストレーターのスキルを動画で学ぶ

動画でeラーニングのGoGetterz には、イラストレーターのスキルアップを目指すみなさまに役立つ動画コースがみなさまのチャレンジを待っています。24時間いつでも好きな時に好きなだけ学べるeラーニングの特性を生かして、さらなるスキルアップを目指してください!

 

GoGetterz コース『MITUME THE A.I. MASTER』 

ここまで見せる?世界が認めたイラストレータータカハシヒロユキミツメが、A.I.(人工知能)をテーマに、
アイデア出しから1枚のイラストを完成させるまでの思考的プロセス・プロの技術を余すとこなく披露するAdobeイラストレーター講座。

 

★タカハシヒロユキミツメ氏とは?★

一度見たら忘れられない独特の色使いが特徴のデザイナー/アーティ スト「タカハシ ヒロユキミツメ」。世界中のアニメファンからプロのイラストレーターにまで、ジャパニーズPOPカルチャーの第一人者として幅広い支持を得ている。
2007年パリ国際テキスタイル見本市 「PremiereVision」の参加より海外での活動を開始。 2015年には、日本のアニメやコミックなどのコンテンツを提供する会社クランチーロールとのコラボにより、ウェブコミック「HYPERSONIC Music Club」の連載を開始。2017年は、イラストレーターやフォトショップなどのアプリケーションを全世界に提供しているAdobe Systemsのロゴをクリエイターがリミックスする企画「Adobe Remixプロジェクト」に抜擢された。2017年9月にアメリカ サンフランシ スコで開催された「J-POP SUMMIT 2017」では、メインビジュアルのデザインを手掛ける。

ポスターやイラストなどのグラフィックデザインだけではなく、アパレルやグッズの企画から、パフォーマンス的アートワークなど、自由な発想で表現をするアーチストだ。KANSAI YAMAMOTOなど、数多くのブランドとのコラボ商品も展開。

「やってみたいと思えるきっかけになりたい」とデザイン専門学校で若い才能を育てる講師としても活躍している。

『一度見たら忘れられない独創的なデザイン』で世界中にファンを持つアーチスト、タカハシヒロユキミツメ氏が、GoGetterz エキスパートデビュー!1 枚のイラストを完成させるまでの思考的プロセス・プロの技術を余す所なく全てオンライン動画で公開!プロのデザイナーを目指す方には必見のイラストレーター学習コースとなっています。

 

★ここまで見せる!?タカハシヒロユキミツメ氏の独創的なデザインスキルを学べる動画コース​『MITSUME THE A.I. MASTER』とは?★

◆テーマは、A.I.(人工知能)
今回は話題の「A.I.」(人工知能)をテーマに、ミツメ氏にキャラクター作成から1枚のデザインを仕上げていただき、そのプロセス全貌を映像化しました。「プロは、クライアントからテーマをもらったらまずは何をするのだろうか?」を起点として、情報収集ノウハウ共有・実際にデザインをおこしながら解説するといった、デザイナー タカハシヒロユキミツメの仕事の模様をスタートからフィニッシュまですべてを見せていきます。

◆クリエイティブなことを始めてみたいすべての人に
「イラレ」と呼ばれるAdobe社製品の動画ソフト「Illustrator」(イラストレーター)を使える人向けの内容ですが、「なにかのきっかけづくりや参考になってもらえれば」という本人の思いもあり、初心者にもわかりやすくアイデアを出すまでのプロセス、構図、配色の考え方、図形を活かした秘伝のテキスタイル(パターン)の作成法、独自で編み出した仕上げ工程など、本人が実際にイラストを制作しながら解説するという今までになかったスタイルで深層学習が可能です。初心者でも「タカハシヒロユキミツメ流」の着想と感性を実際の制作過程にまで落とし込めます。

◆動画なので何度でも復習可能!マイペースでスキルアップを
デザインの各プロセスが、チャプターごとにわかりやすく配分されているので必要なプロセスを何度でも復習できます。オリジナリティーを極めたタカハシヒロユキミツメ流の技術を、コース受講者が自らの技術に落とし込むことが可能で、自分の作品をさらにパワーアップさせることが出来ます。

 

世界で活躍中のプロの実践的なスキルを身につけられるのは勿論、今まで誰にも公開していなかった自ら編み出したオリジナルのテクニックも満載です。印刷を意識したアイデア出しから仕上げ工程まで網羅しているので、イラストやデザインの納品までの仕事の流れが誰にでも分かる構成で作り上げられています。​世界レベルのイラストレータースキルをマイペースで身につけてください!

【GoGetterz コース名】MITSUME THE A.I. MASTER
【内容】7時間を超える動画レッスン。レッスンで実際に使用したaiデータが付いてくるのでより深い学習が可能。
【価格】5400円

GoGetterz には、ほかにもデザイナーに役立つコースのラインアップが豊富です。GoGetterz のコースは、メンバー登録(無料)をしていただくとご購入いただけます。無料メンバー登録は、こちらから
メンバーになると、400以上の無料コースも受講もいただけます。

Live Your Passoin!

学びから未来をデザインする
GoGetterz

ファイナンスも資格・検定も!学びから未来をデザインする GoGetterz 
メンバー登録は無料!「学ぶ」はこちらから
オンラインで「教える」はこちらから