伝統日本料理を作ろう!材料3つの簡単甘酒レシピをご紹介

It’s time for another doze of GoGetterz News!
甘酒は、日本料理として受け継がれている様々な発酵食品のうちのひとつです。「飲む点滴」とも呼ばれるほど栄養がたっぷり詰まっている甘酒ですが、家庭でも簡単に作ることができるって知っていましたか?今回ご紹介するのは、余ったご飯を有効活用したお手軽レシピです。マスターすれば、日々の健康作りにもきっと役立つことでしょう。ぜひおうちでヘルシーな日本料理・甘酒を作ってみてください。

 

基本を押さえよう:日本料理・甘酒とは

甘粥(あまがゆ)と呼ばれることもある甘酒は、伝統ある日本料理のひとつです。寒い冬に温かくした甘酒を飲むイメージもありますが、元来は、江戸時代に夏バテを防止する目的で飲まれる日本料理でした。疲労回復にも良いとされていて、暑い季節には欠かせない天然の栄養ドリンクとも言えるでしょう。

 

そんな日本料理・甘酒ですが、実は材料によって2種類に分けられるのをご存知でしょうか。ひとつは今回レシピをご紹介する、米こうじと米で作られるもので、こうじがでんぷんを糖化させるため、自然な甘みが出てくるのが特徴とされています。そしてもう一方が、酒粕と甘味料で作った甘酒です。甘味料が無くても作れますが、飲みやすくするために砂糖などを添加するのが一般的です。こちらは酒粕を使用するため、できあがった甘酒にも少量のアルコールが含まれる場合もあります。

 

基本を押さえよう:日本料理・甘酒の栄養

米こうじと米を発酵させて作った日本料理である甘酒には、ビタミン類、葉酸、食物繊維、ブドウ糖、アミノ酸など、栄養が豊富に含まれています。そのため健康面や美容面で、様々な効果が期待できるのです。例えば、女性に多いとされる便秘の改善です。日本料理・甘酒に含まれるオリゴ糖や食物繊維が腸内で活動する善玉菌にとって栄養になるため、摂取すれば腸が活性化し、老廃物を出す効果が期待できると言われています。

 

また、コウジ酸には肌を白くする効能があるほか、ビタミンB群は、脂肪を燃焼させ働きがあるとされています。日本料理・甘酒には腸の活性化、美白、ダイエットなど、特に女性にとってはうれしい効果が満載なのです。現代に生きる私たちの暮らしもサポートしてくれる甘酒は、ぜひ受け継いでいきたい日本料理のひとつと言えるでしょう。

 

材料3つ!残りご飯を使った簡単甘酒の作り方

【材料】

残りご飯250g

米こうじ250g

水800ml

 

【作り方】

1.ご飯を炊飯器に入れ、保温ボタンを押す

2.水全量を加え、約60度まで温度を上げる(70度を超えないように)

3.ご飯と水をよくかき混ぜたら、米こうじを加えて混ぜる

4.炊飯器の蓋は開けたまま、釜の上に布巾をかぶせる

5.たまにかき混ぜながら8時間以上置けば完成

 

残りご飯と水は家にあるでしょうから、米こうじさえ用意すればいつでも作ることが可能です。作る手順も、温度チェックさえきちんとすれば、あとは混ぜて放置するだけ。最初の仕込みも20分ほどで済むので手軽です。手順さえ覚えてしまえばもっとスムーズにできるでしょう。できあがった甘酒は濃いので、お好みで約2倍に薄めて飲んでも大丈夫です。

 

日本料理・甘酒の応用レシピ:スイーツ編

【甘酒パンケーキ】

材料(2人分)

ホットケーキミックス200g

卵1個

甘酒100ml

水50ml

トッピング(バター、メープルシロップ、フルーツなど) お好みで

 

【作り方】

1.卵、甘酒、水をボウルに加えて混ぜる

2.ホットケーキミックスを加えてダマにならないよう混ぜる

3.フライパンを熱して油を薄く広げたら、火から下して濡れ布巾の上に乗せる

4.フライパンを火に戻したら、2を1/3量ぐらい流す

5.気泡がでてきたら裏返して、きれいな焼き色が付くまで焼く

6.トッピングを乗せたら完成

 

水の量を増やせば甘さ控えめに、逆に量を減らせば甘めに仕上がります。パンケーキにも日本料理の要素を取り入れましょう。

 

日本料理・甘酒の応用レシピ:料理編

【トマトバジルの甘酒パスタ】

材料(2人分)

パスタ160g

トマト缶(ダイスカット)1/3缶

バジル1枝分

にんにく1/2片

甘酒20ml

オリーブオイル大2

塩少々

 

【作り方】

1.深めの鍋に、オリーブオイル大さじ2とつぶしたにんにくを入れて中火にかけ炒める

2.にんにくが色づいたら、甘酒とつぶしたトマト缶を加え煮立たせる

3.煮立ったら弱火で20分煮て、塩で味を整える

4.1をボウルに入れてバジルをちぎりながら加える

5.4にゆでたパスタを入れて分量外のオリーブオイルを適量加え、混ぜ合わせたら完成

 

いつものパスタも甘酒を加えることによって日本料理独特の深い味わいが出るでしょう。

今回は、日本料理・甘酒の基本情報から、覚えておきたい栄養面のメリット、レシピまでご紹介しました。伝統的な日本料理というと難しそうですが、実は甘酒が家でも簡単に作れるということを理解していただけたのではないでしょうか。日本にルーツを持っていれば、日本料理を含む伝統はぜひとも知識としてもっておきたいものです。

 

動画でeラーニングのGoGetterz には、残りご飯で作る甘糀、甘酒✿日本の家庭料理【日本料理レシピTV】をはじめとするさまざまな料理動画コースがそろっています。あなたも甘酒作りや応用レシピにぜひ挑戦してみてください。
料理もクールジャパンも!学びから未来をデザインする GoGetterz
メンバー登録は無料!「学ぶ」はこちらから
オンラインで「教える」はこちらから
簡単レシピをマスターしたい!はこちらから