今中国語を学ぶべき理由

It’s time for another doze of GoGetterz News!
ゴーゲッターなみなさまの一日の知となり活力となる情報を提供しているGoGetterz News。
今回のテーマは、中国語。今。中国語を学ぶべき理由やメリットについてお伝えします。

 

 

世界で1番人口の多い中国は、急速な経済発展を遂げ世界中から注目されています。そんな中国人とコミュニケーションをとるために、昨今中国語を学習する人が増えてきました。中国人には優秀な人材も多く、ビジネスシーンでも中国語のニーズが高まっています。日本のニュースでも中国の話題が毎日のように上がっています。躍進を続ける中国は今や世界の中心的な存在感を放っています。中国語を話せることによって、どのような広がり期待することができるのでしょうか。

 

1. 中国語を今学習するメリット

中国語学習に使う道具

世界の共通言語はご存知の通り英語です。そんな中、今中国語を学習することでどのようなメリットを得ることができるのでしょうか?無数にある言語の中で、中国語をチョイスする人は年々増えています。

時代の変化と共に人気の言語も変わってきました。人口が減りつつある日本人にとって多言語を習得するのは大切なことと言えるでしょう。ここでは、今中国語をおすすめする理由をお伝えします。

1-1.13億人と繋がることができる

中国人は圧倒的な人口を誇る大国です。どの国にも沢山の中国人がいて、独自のコミュニティーを作っています。中国語を話すことができるようになれば、どこの国の中国人とも円滑なコミュニケーションができます。13億人と繋がることができれば、様々な可能性が広がると言えます。

また、経済的にも豊かな中国は日本企業の買収も積極的に行っています。将来的には上司が中国人になることも考えられるでしょう。今後は、中国語の習得が必須条件になる企業も出てくることも予想されています。中国語人口が増え続ける昨今では、日本人でも中国語を学習することによるメリットは大きいでしょう。

1-2.仕事の幅が広がる

中国人には優秀な人材も多いです。そんな人たちとスムーズに会話できれば、仕事の幅を広げることができます。急速な成長を遂げて進化を続ける中国は、今の日本にはないエネルギーを持っています。それはビジネスの世界でも同じです。

アジアの最先端と言われるシンガポールでも中国語は常用語になっています。優秀なエンジニアやビジネスマンの中にも中国語で会話する人が増えているのは確かです。中国以外の国で活躍する中華人の人口は6000万人以上と言われています。中国語を話せるということはビジネスの世界でも大きな強みになるでしょう。

1-3.英語圏と差別化できる

大手企業でも中国語のニーズが高まっている今、中国語ができる人材は採用面接などで有利に立つことができます。英語を話せる人は多いですが、中国語を話せる人はまだまだ少ないのが現状です。そんな今、中国語を習得することができれば、それだけで差別化ができると言えるでしょう。

出張で中国に行く機会の多い人は、現地人と接する機会も沢山あります。そんな時に英語で強引にコミュニケーションをとるのではなく、中国語で会話することができれば、距離感もグッと縮めることができます。ビジネスの世界でも同じで中国語しかできない企業の人間とコミュニケーションできれば、その後の付き合いもより深いものにしていくことができます。

 

2. 中国語と日本語の共通点、違い

中国語が書かれた町の看板

中国語は英語を始めとした他の言語と違い漢字を用いるため、共通点などもあります。東京や大阪など、日本の観光都市においては中国語のメニューや看板なども増えてきました。漢字を見ればある程度の意味が理解できるのは、日本人の特権とも言えるでしょう。

しかし、中国語には日本語と全く違う意味を持った漢字などもあるのです。一見、習得しやすそうに感じる中国語ですが、1つ1つの単語が持つ意味を理解しなければチグハグな会話になってしまうでしょう。ここでは、日本語と中国語の共通点や違いを解説します。

2-1. 中国と日本語の共通点

日本人も頻繁に使用している漢字。もともとは中国語を表現するために作られたものなのです。中国から日本に伝わった漢字の中には、ほとんど同じ形で使われているものも沢山あります。また、日本で新しく生まれた漢字で、中国で使われているものも多数あるのです。

例えば「交通」という漢字。これは中国語でも「交通」と書き、書体もほとんど変わりません。また、「電話」という漢字も日本と中国で共通しています。日本で使う漢字と中国で使う簡体字には、共通する単語が沢山あります。

2-2. 中国と日本語の違い

中国語の中には日本と同じ漢字でも全く違った意味を持つものも沢山あります。そのため、中国語を理解せずに日本漢字と同じ意味合いと思って漢字を使うと、時に大きな恥をかいてしまうこともあるのです。

代表的なもので言うと「謝」という漢字です。日本では「謝る」など謝罪の念が込められている言葉ですが、中国では「ありがとう」という意味で使われています。また、「手紙」という漢字は日本ではレターですが、中国語では「トイレットペーパー」を意味する言葉になっています。このように同じ漢字でも違った意味を持つものも多いので、注意が必要です。

 

3. 効率的な中国語の学習方法

学習の風景

 

日本漢字と共通点も多い中国語ですが、発音や文法などは学習しなければ身につけることはできません。同じ漢字だとしても用いられる意味合いや発音が異なるため、正しい中国語をマスターするにはそれなりの時間を要します。

簡単そうで難しい中国語の習得はどのように進めれば良いのでしょうか?中国語教室や中国語学習アプリなども人気ですが、どんな方にもおすすめの気軽に始められる学習方法を紹介します。

3-1.シャドーイング

シャドーイングとは、中国語の音声を聞きながら、聞こえたとおりに発音していく学習方法です。発音の訓練に抜群の効果を発揮するシャドーイングは、自宅で手軽に始められるおすすめの学習方法になっています。

シャドーイングの効果はネイティブな発音が身につくだけではありません。繰り返し音声を聞くことで、リスニング能力も高めていくことができるのです。シャドーイングで使用する音声は中国語の映画など現地人が普通に会話しているものをチョイスするのが良いでしょう。動画でeラーニングのGoGetterz には、シャドーイングにぴったりなネイティブが講師の動画コースが豊富に用意されています。いくつかご紹介しましょう。

 

中国語会話 現地体験リスニング

このコースでは、「中国在住の一般人による音声」と「ナレーターによるきれいな音声」を聞き比べながら、中国語会話のリスニング練習をすることができます。
普段、教科書のCDで聞くナレーターのきれいな中国語に慣れていると、現地で生の中国語を聞いた時に、その速さと訛りで、最初はとても聞き取りづらく感じるでしょう。
このコースを受講することで、現地へ行かなくても、中国人同士のおしゃべりを横で聞いているような臨場感を体験し、現地生活や旅行のイメージトレーニングを行えます。そして、字幕付きビデオを使って、答え合わせをしながら着実にリスニング力を付けることができます。
このコースの会話は、北京市、瀋陽市(遼寧省)、成都市(四川省)、無錫市(江蘇省)、杭州市(浙江省)、広州市(広東省)の6都市で収録しています。会話は、繰り返し練習に最適な、30〜60秒で構成され、家庭や友人同士の軽い日常会話を中心に、お店、タクシー、部屋探しなど幅広いテーマの会話を70本収録しています。

中国語基本会話フレーズ2000 ― 10字以内で伝わる場面別表現

このコースでは、あいさつや自己紹介のような定番フレーズのほかに、感情表現・家庭・友達作り・恋愛・スマホ・学校・ビジネス・旅行・現地生活など、幅広い場面に対応した、2000の中国語会話フレーズと、550の関連単語を、ビデオや音声を使って覚えることができます。

音読中国語 — カラオケ方式でみるみる上達

このコースでは、初級〜中級の学習者が、身近な話題をテーマに、自然な中国語をたくさん音読練習できます。カラオケのような字幕を追いかけながら音読練習できることで、単調な練習にも緊張感が生まれ、音読練習を重ねるたびに、様々なテーマの中国語会話パターンが自然と身に付きます。中国語の字幕は、音声に合わせてカラオケのように色が変化します。音声に合わせて色が変化することによって、ナレーターの話すリズムをまねしながら、楽しく音読練習ができます。また、各文章の読み上げ時間は大体1分前後で、文章をそのまま覚えてしまいたい方やリスニングの練習をしたい方にとって最適な長さです。

中国語の早口言葉(绕口令)で楽しく発音トレーニング

このコースでは、プロのナレーターによる美しい音声と、音声と字幕が同期したビデオを使って、合計76の中国語早口言葉(绕口令[ràokǒulìng])を、発音の種類別に練習できます。ゆっくり → 高速バージョンの順に収録されています。

 

3-2.参考書

シャドーイングと同時にやっておきたいのが参考書による学習です。参考書は一見地味な学習方法に感じますが、中国語の文法や構造を効率的に理解し、学習することができるようになっています。参考書には様々な種類があるので自分がストレスなく読み込めるものを選びましょう。

イラストとテキストが混ざっているものなら、どんなシチュエーションで使う言葉なのかが視覚的にもイメージできます。発音に関してはシャドーイングで訓練して、その他の知識を参考書で補完することで、より正しい中国語を習得することができます。

 

世界中でニーズが高まっている中国語の学習。ビジネスシーンでも旅行シーンでも中国語を話せるようになれば、視野がかなり広がります。今、中国語を話せるようになっておけば大きなアドバンテージになります。

中国語を習得するには、正しい勉強方法を知らなければいけません。自習による学習に無理を感じたらぜひ、オンライン動画コースで学んでみてください。GoGetterz には、さらにこんなコースも用意されています。

 

~基礎文法を使った571の中国語会話例文を収録~
ビジュアル中国語・文法講座&例文ドリル (1) 基本の表現編

~基本から一歩進んだ中国語を学んで、中級へステップアップ~
ビジュアル中国語 文法講座&例文ドリル (2) 一歩進んだ表現編

~ビデオ講座と豊富な例文で、難解な補語をマスター~
ビジュアル中国語 文法講座&例文ドリル (3) 補語編

~重要構文をマスターすれば、長い会話ができる~
ビジュアル中国語・文法講座&例文ドリル (4) 重要構文編

~850以上の例文練習で、苦手な複文も使いこなせるようになる~
ビジュアル中国語 文法講座&例文ドリル (5) 複文編

などなど、動画でeラーニングのGoGetterz 中国語講座の豊富なラインアップから、あなたのレベルに合った学びを選択して中国語をマスターしてください。この先、中国語を話せる人間は必要価値が高まることが予想されます。早めに習得して波に乗り遅れないようにしましょう!

中国語会話も英会話も!学びから未来をデザインする GoGetterz
メンバー登録は無料!「学ぶ」はこちらから
オンラインで「教える」はこちらから