「暗闇ビジネス全盛。近頃、真昼の主婦が入信する暗闇とは」山本貴代

The Voicers Report は、世界各地で活躍する10人のゴーゲッターで構成された The Voicers が各々の活躍の現場から情報発信をしています。今回は、女の欲望を知り尽くす女性生活アナリストの山本貴代さんです。

 

暗闇がブームです。もうちょっといえば、暗闇ビジネスがブームです。文化祭のお化け屋敷は、相変わらずこの秋も行列のようですが、今回は現代の暗闇が生み出す効果について考えてみたいと思います。

 


真っ暗闇を視覚障害者のアテンドで体験する「ダイアログ・イン・ザ・ダークを日本人が体験し始めたのが2004年あたりから。いつまでたってもまったく何も見えない世界は、新鮮であり、恐怖であり、哲学であり、とにかく衝撃的でした。

その3年後、目隠しをしてなにも見えない状態でフルコースを味わう「クラヤミ食堂」が誕生しました。味覚が研ぎ澄まされました。

どちらも体験済みの筆者でありますが、日本人が暗闇に慣れてきたのか、歩いたり食べたりでは物足りなくなってきたのか、クラヤミ食堂から5年後、こんどは、暗闇で運動するエクササイズが出現しました。まず生まれたのが、自転車に乗って、音楽にノッて、ものすごい勢いで汗を流すという「フィールサイクル」です。

ハリウッド女優が火付け役、アメリカで大流行した後、日本に上陸したようですが、5年くらいかけてじわじわと、スタジオを増やし現在全国27店舗。ものすごい勢いで、勢力を伸ばしている、と筆者は見ています。

 

主婦達は真昼間から、暗闇に吸い込まれていきます

他にも暗闇ビジネスはいろいろと出てきていて、暗闇でトランポリンしたり、ヨガしたり、ボクシングをしたりとああ、忙しい。最近では、前面スクリーンが4Dアニメーション技術をとりいれた映像で異世界にいざなう、私なら完全に三半規管がおかしくなりそうなバイクエクササイズも誕生したようです。テレビでそんな様子をみた方も多いことでしょう。

なぜこんなにも暗闇ビジネスが流行るのか。
「フィールサイクル」を体験してみたら、すっかりはまってしまい、毎日通っている始末です。
そのうち飽きるでしょうが、いまのところ何がこんなにも私をひきつけるのか。
暗闇で分析してみました。

まず私は、期間限定で、カラダをしぼりたいという願望がありました。ハードなエクササイズなので、がんばればいけそうだ。でも頑張ればいけそうなエクササイズは、いくらでもこの世の中にあります。なぜ暗闇か、でしたね。

「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」「クラヤミ食堂」「フィールサイクル」に共通しているものがありました。それは、暗闇なのに、一体感が味わえるということでした。
ひとりなのに、みんなといる感覚。
あなたはひとりぽっちじゃないよ。
なにかの宗教のようですね。たぶん宗教的要素があるから人の心を掴んだのでしょう。

暗闇は、なにかが潜んでいそうで神秘的です。
暗闇は、他人を気にしなくていいので、自己解放しやすくなります。
暗闇は、意識を集中しやすくします。
暗闇は、五感を開放し、研ぎ澄まします。
暗闇は、気分を夜モードに切り替えます。

暗闇には、いろんな効果がありますね。

フィールサイクルは、暗闇で固定されたバイクをひたすら漕ぐエクササイズです。ロードバイクのシューズを履くので、ペダルにカチッと靴を固定したら、足がもげそうに高速で漕いでも、自転車から放り出される心配はありません。

有酸素運動と筋トレの両方の要素を持ち、ノンストップ45分間、10曲分、音楽ガンガン鳴り響く中、同時に筋トレも入るというハイテンションぶり。ときどきレーザービームに攻撃されます。

 

暗闇×エクササイズ×音楽(レゲエ、ハウス、ロック、マドンナ、マイケルジャクソン、ソウルなどさまざまなジャンルの音楽のプログラムがある)×教祖的なインストラクター。←強力に導く人は大事です。

いやはや、うまく出来ています。

なんでも、消費カロリーは400~800にもなるらしく、終わればこれまで搔いたことがないほどの汗だくです。なのに爽快感。なんだこれは。

暗闇で、シャーーーーーっという、自転車を漕ぐ音がこだまします。最大65人ほどの漕ぐ音が静寂に響きます。それはちょっと異様であり、見方によれば神秘的です。

まだ発電システムは導入されていないようで、これが発電もできるとなれば、×エコでさらに人気は上がりそうな気配がします。

インストラクターは日本人なのですが、ステージではバイリンガルに転身します。英語で解説、掛け声も英語。DJみたいでもあります。女性のインストラクターは前かがみになると、ちょっとエロティック。暗闇に響く息づかいと掛け声と汗もエロティック、な気がします。

 

暗闇の中、インストラクターにスポットが当たるので、もう教祖様です。
それを盛り上げる生徒達。教祖様の指示がでないと声を発してはダメなようです。固定されたバイクはフォーメーションを組んでいるので、まるで、バリ島のケチャックダンスにも似たトランス状態が味わえます。

前方の自転車に乗っている人は、より、信仰心が厚い人でしょう。
うしろの席は、俯瞰してみているから、入信してまだ日が浅いだろうなどいろんな分析ができておもしろいです。この点もケチャックに似ています。

ミラーボールがゆっくりと回り、スモークが焚かれ
前方にはマンハッタンらしき夜景が広がります。
暗闇なのに、ひとりできているのに、誰も知らないのに、
一体感がどんどん増していきます。

白いタオルが光ります。蛍光の服を着ている人も光ります。
まるで祈るように、足を高速回転させていきます。
ダンベルや、チューブを使った上半身の動きも入り飽きることなく曲が進みます。
お酒ではなく、水をごくごく飲みます。
おお、どこかで味わったバブル時代の金曜の夜。
インストラクターの掛け声「スマイル」でみんな汗飛ばしながら微笑みます。

ひとつのことにまっしぐらにチャレンジする姿は、まさに入信の心境です。
中毒性を帯びています。

主婦達は45分汗をかいたあと、シャワーを浴び、化粧を直し、
また地上の普通の生活へもどっていきました。陽の光にあたって、イキイキしているよう。

こんな暗い時代だから、人々は暗闇に何か光を求めているのでしょうか。
暗闇が生み出す効果やいかに。私は年内入信予定ですが、
暗闇ビジネス、次は何がでてくるでしょうね。目が離せません。

 

エクササイズもスキルアップも!学びから未来をデザインする GoGetterz
メンバー登録は無料!「学ぶ」はこちらから
オンラインで「教える」はこちらから