美肌になる食べ物にはどんなものがある?肌を美しく保つための食事とは

It’s time for another doze of GoGetterz News!
ゴーゲッターなみなさまの一日の知となり活力となる情報を提供しているGoGetterz News。
今日のテーマは「美肌」です。

 

「美肌」を保つために、何かしらの習慣を持っている人は多いです。肌の状態が良いと、化粧のりが良かったり、見た目の良さ、清潔さに繋がり、人と会う時の印象も良くなります。

特に女性は、昔から「美肌」になるために、または保つために様々な工夫をしてきました。それは、「まごわやさしい」「ビタミンACE]という言葉からも現れています。

美肌は男性にとっても大事な事。ニキビ跡がくっきりと残っていたり、肌荒れを起こしたままで人に会うなどしていると、自己管理ができていないものと見なされ、良い印象を持たれません。

では、どうすれば美しい肌を維持することができるのでしょうか。

 

美肌を作るには食べ物を変える!

salad-2228890_640

肌は内臓と同じように、日々細胞活動を行ない、古い細胞と新しい細胞を入れ替えています。これを新陳代謝、またはターンオーバーと呼びます。美肌になるために、適切に行われるためには、日々の食べ物がカギとなります。

乱れた食生活をしていては、美肌になることはできません。脂っこいジャンクフード、ドカ食い、極端な小食などはわかりやすく乱れていますが、一方でわかりにくいものもあります。我流ダイエットによる制限食・単一食で栄養が偏ったり、夜更かしなどの生活の乱れによって、食べ物の栄養が十分に吸収できなくなっているという場合もあります。

美肌を保つためには、まず睡眠などを十分に取って身体の機能を正常にしておくことで、初めて食べ物での改善が可能になります。

美肌を作る食べ物は、よく知られているものに「まごわやさしい」があります。肌に良い食べ物の頭文字を取ったもので、「ま」豆類、「ご」ごま、「わ」わかめ等の海藻類、「や」野菜、「さ」魚類、「し」しいたけ等のきのこ全般、「い」いも全般です。

肌に必要な栄養素がきちんと含まれているので、「まごわやさしい」の食べ物を積極的に取ることで、美肌になっていくのは理にかなっていると言えます。

 

美肌を作るのはどんなビタミン?

fruits-320136_640

美肌になる食べ物といえば、思いつくのはビタミンです。

美肌を作る、美肌を保つために必要な栄養素で、重要と言われるのが「ビタミンACE」です。ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEのことで、それぞれが肌に良い役割を持っています。毎日の食べ物で補っていきましょう。

ビタミンAは、皮脂をコントロールして肌を乾燥から守り、肌の潤いを守る役割を持ちます。肌が乾燥していたり、角質が厚くなってきている場合は、ビタミンAが不足しています。冬場など、空気が乾燥している時には積極的に接種すると良いでしょう。

ビタミンAが含まれている食べ物は、緑黄色野菜、卵、魚、レバーなどです。特に、にんじんやカボチャ、ほうれんそうなど色が濃い野菜に多く含まれています。食べ物の中でもレバーは非常に多くビタミンAが含まれていますが、食べ過ぎると過剰症を起こすことがありますので、毎日30g以上食べるのは止めましょう。

ビタミンCと言えばレモン、というのはよく知られていますね。美肌にも良いビタミンとして知られています。意外かもしれませんが、食べ物の中では、レモンに含まれる量よりも、赤ピーマン、黄ピーマンに含まれるビタミンCの方が量が多いのです。赤ピーマン、黄ピーマンはスーパーなどに売っていますので、サラダなどにして気軽に食べられます。

ビタミンCはコラーゲンを作って、美肌に欠かせない弾力を生み出します。また、日焼けやシミを作るメラニンの生成を抑える働きがあります。ビタミンCが不足すると、壊血症といって、歯茎から出血したり、貧血、疲労を起こすようになりますので、食べ物で積極的に補いましょう。

ビタミンEを多く含む食べ物は、アーモンドが代表格です。いくらやめんたいこの魚卵にも多く含まれていますが、好き嫌いがあるので苦手な人はアーモンドで摂ると良いでしょう。

ビタミンEの働きは抗酸化作用です。また、血行を良くすることで、血色の良い顔色にします。美肌には欠かせない要素ですね。

 

美肌の大敵、ニキビができた時は?

food-1209503_640

どれだけ気を付けていても、ある日、ポツッとできている憎いヤツ。それがニキビではないでしょうか。

今どき、美肌を目指していてニキビを押しつぶすような人はいないと思いますが、絶対やってはいけません。見た目が良くないことはもちろん、痕が残っていつまでも気になってしまいます。

ニキビが出来たら、基本は洗顔と保湿です。これらを充分に行なったあとで、食べ物でもサポートしていきます。

おすすめは、にんじんとリンゴのジュースです。にんじんを1本の半分と、りんごを半個、レモンをひと絞り、水を100ml用意します。にんじんとりんごは一口大にカットし、全ての材料をミキサーに入れて撹拌します。

食べ物ではなく飲み物なのですが、1日1回毎日飲むと、1習慣程度でニキビが目立たなくなってきます。りんごはバナナに替えても構いません。どれも美肌を維持する食べ物なので、積極的に摂りましょう。

 

肌荒れが酷い時におすすめの食べ物は

asparagus-2169305_640

 

美肌の大敵は生活の乱れです。夜更かし、暴飲暴食はもっての外です。しかし、社会人ともなれば、仕事で残業が続くときもありますし、必ずしも、自分だけの都合で生活をコントロールできない時もあります。そんな時は、食べ物を変えてみましょう。

肌が荒れてきたな、と感じたら、まず食べ物に取りいれたいのがビタミンAとタンパク質。新陳代謝を促し、肌を再生していきます。具体的には、牛豚鳥などの動物性たんぱく質、ほうれんそうや、にんじん、カボチャなどです。グリルなどで一緒に焼いても良いですし、野菜を細く切って肉巻きにしても良いでしょう。同時に接種することで相乗効果が期待できます。

豚バラ肉や豚足などのコラーゲンが入った食べ物も、美肌に良いので積極的に取りましょう。皮脂の分泌をコントロールし、お肌に潤いを戻します。

 

salad-374173_640

 

美肌は食べ物で作られます。女性であっても、男性であっても、お肌がみずみずしく保たれている状態は、健康的に見えますし、清潔感があり、印象も良くなります。

美肌を保つ、ということは、自己管理ができているということでもあります。内臓と同じように細胞自体が代謝する肌は、乱れた生活をしていては保つことができないからです。

ここで紹介した食べ物は、あなたに美肌をもたらします。ぜひ、積極的にとって、美肌を持つゴーゲッターを目指しましょう!

 

美肌のために役立つ GoGetterz コースは、こちら!

ハリ つやがあり 透明感のある美肌つくりのコツは まさに毎日の食習慣にあります。
あなたの肌は食べるもので決まる!美肌をつくる食習慣

DNAから栄養学を学びましょう
DNA解析、遺伝子解析の結果を詳しく知りたい★

しっかり朝ご飯を食べたらしっかり体も動かしましょう
朝の美人養成ヨガ

 

美容も健康も!学びから未来をデザインする GoGetterz
メンバー登録は無料!「学ぶ」はこちらから
オンラインで「教える」はこちらから