お金の増やし方はこれからどうなる?リスクを抑えて資産運用する時に考えたい2つの商品とは?

It’s time for another doze of GoGetterz News!
ゴーゲッターなみなさまの一日の知となり活力となる情報を提供しているGoGetterz News。
今日のテーマは資産運用です。

今現在、安定した収入がある人でも、将来のお金に漠然とした不安を持つ方は多いでしょう。年金はどうしたら良いのか、退職金はもらえるのか、もらえたとしてもそれで老後のお金を賄うことはできるのか・・・考え始めると、きりがありません。

単純にお金の増やし方というと、労働時間を増やして収入を得ることが考えられますが、時間の切り売りができるのは20代まででしょう。30代になると、本業である程度の仕事を任され始めることもあり、体力勝負のダブルワークは厳しいものがあります。

それでは、30代を過ぎてからのお金の増やし方は、どのようにしたら良いのでしょうか。現在から将来渡って、不安を持っている方のために、この記事では時間労働以外の方法を調べました。

お金の増やし方はどうしたらいい?

young-man-1463299_640

お金の増やし方というと、すぐに思いつくのは「貯金・貯蓄」です。銀行に定期貯金するなどの方法が考えられますが、お金の増やし方としてこの方法を使うことは、現代の日本では有りえないでしょう。

現在の銀行の金利は、都市銀行の平均で0.01%程度です。これは、仮に100万円を1年預けていたとして、1年間の利息が100円になるということですから、いかに日本の預金金利が低いかがわかります。2年預けたとしても、ATMからお金を引きだせば、利息分は吹っ飛んでしまいます。

お金の増やし方として銀行に預けていれば良かった時代は、遥か昔のことです。今の時代にはマッチしていませんので、別の方法を探っていきます。

現代社会で合理的なお金の増やし方と言えば、投資が考えられます。投資というと、難しそうであったり、拒否反応を示す方も多いのですが、きちんと知識を持って取り組めば、大きく損を出すこともありません。

少ない資金で一気に増やしたいとなると、リスクは非常に高まります。資金は少なくても、時間を上手く使えば、資産を増やしていくやり方は可能です。時間がかかっても着実に資産を増やしていくことができれば、将来の不安もかなり軽減されるでしょう。

お金を増やすには種銭作りから

sunflower-seed-1213766_640

お金の増やし方として投資を選ぶ場合は、全く資金が無い状態から始めるのは難しいでしょう。先にも書いたとおり、少額の資金を一気に増やすとなると、どうしでも無理があるため、リスクが倍増します。リスクを低く抑えるためにも、最初の「種銭」となる資金は用意しましょう。

最初に用意する金額は、大体100万円もあれば良いでしょう。1年間で溜めるとなると、毎月8万円の積み立てが必要となりますが、あまり現実的ではありません。毎月3万円程度の積み立てると考えた場合、3年ほどで積み立てることが可能です。この「3万円を3年間積み立てると100万円」を基準に、自分の生活に負担感の無い金額を設定しましょう。

もし、どうしてもお給料から毎月3万をねん出することができない、という場合は、アルバイトという手もあります。さきほど、30代になったら時間労働はできないということを書きましたが、やみくもにアルバイトをするのではなく「100万貯めるまで」と区切りをつけることで、心理的な負担は少なくて済みます。

資産運用を使ったお金の増やし方

coins-1726618_640

種銭ができたら投資を始めましょう。投資を方法と言うと、株式や外国為替(FX)のように、価格の上がり下がりの差分を抜き取るような方法が良く知られていますが、このようなお金の増やし方はリスクが高いため使いません。

代わりに投資信託という商品を使います。投資信託は、プロが扱う商品を予め選択しており、自分で商品を選ぶ手間が省けます。

そのため、販売手数料や運用手数料である信託報酬がそれぞれかかりますが、自分で運用する手間とリスクを考えると、これらのお金は必要経費と言えます。販売手数料については、ノーロードという無料の商品もあるので、少しでも経費を抑えたい場合はノーロードの商品から選ぶと良いでしょう。

リスクをさらに低く押さえるコツとしては、購入のタイミングを何回かに分けることをおすすめします。通常の分散投資では資産を「複数の商品」に分散させることを指しますが、ここでは「時間」を分散させます。

投資信託という商品はずっと同じ価格ではなく、時期によって高くなったり低くなったりします。購入時より価格が低くなってしまう、いわゆる元本割れリスクがありますが、時間分散のために、複数回にわけて購入することで、価格が低くなるリスクをある程度吸収することができます。

資産運用以外のお金の増やし方

floor-2228277_640

投資信託を使った方法を紹介しましたが、お金をある程度増やしてきたら、資産の運用先として、不動産という選択肢も考えることができます。不動産は、頭金として数千万が必要だったバブルの頃のと違って、数十万円の頭金からでも利用することができるようになってきたため、更に効率の良いお金の増やし方として考える余地は十分にあります。

最初はワンルームマンション1部屋から始めると良いでしょう。今まで不動産にあまり興味がなかったという方は、新築で3%前後、中古で5%前後の利回りが期待できる不動産を基準に選ぶことで、不動産を見る目も養えます。

ざっくりとした説明ですが、不動産を使ったお金の増やし方を選ぶことで、安定した収入を確保できます。

clock-77497_640

お金の増やし方として、投資信託と不動産の運用を紹介しました。お金の増やし方は、デフレ状態が続く日本では非常にポピュラーなテーマです。ひとつの職場で長く働くことが当たり前だった時代は終わり、自分のお金で自分で増やし方を覚える必要がある時代になってきました。

資産運用を考えるあなたにピッタリのGoGetterz コースはこちら!

不動産A to Zを一気に理解したい皆さんへ
かめさん流 不動産はじめの一歩塾 フルパッケージ

自分の目的に合った増やし方を覚えて、資産管理がきちんとできるゴーゲッターになりましょう!

資産運用もライフプランニングも!学びから未来をデザインする GoGetterz
メンバー登録は無料!「学ぶ」はこちらから
オンラインで「教える」はこちらから